加齢臭の発生原因と対策について

加齢臭という言葉を度々耳にしますが、この言葉自体は2000年以降に作られた比較的新しい言葉です。具体的に加齢臭とは、人間の皮脂に含まれている9-ヘキサデセン酸が過酸化脂質によって酸化・分解されることによってニオイ物質であるノネナールが発生することによって臭います。男性は40歳を超えるとニオイ物質であるノネナールが急増します。そのため一般的に中年男性特有の体臭として認識されていますが、女性においても女性ホルモンの減少によってニオイが発生します。対策としては、まずはニオイの元となる皮脂を取り除いて身体を清潔に保つことが重要です。ニオイが発生する場所は主に身体の上半身に集中しています。耳の後ろや脇、背中、頭皮など皮脂腺の多い場所からニオイが発生し易いですので、それらの箇所を殺菌効果のあるボディソープやシャンプーなどできちんと洗って清潔にしておくことが重要です。汗を特にかきやすい日中の対策としてはボディーシートなどで身体を拭くことも有効です。しかしニオイを気にするあまり洗い過ぎることは良くありません。人間の身体は皮脂を取り過ぎると不足した分を補おうと、より活発に皮脂が出てきてしまいます。また身体の外からのケアも大事ですが、食生活を見直すなどの身体の中からのケアも重要です。肉類中心の食生活はニオイの発生原因ともなってしまいますので、取り過ぎには気を付ける必要があります。

加齢臭は治せる!加齢臭の撃退法を紹介

加齢臭とは、加齢によって発生するノネナールという化学物質が原因で引き起こされる匂いのことを言います。一般的には、40歳前後からノネナールの分泌量が急激に増加し、匂いがキツくなることで知られています。体質によっては、30歳代前半や20歳代後半でも加齢臭が発生することがあります。これはストレスなどが原因で、ホルモンバランスが崩れてしまうからだと考えられていますが、詳しい原因はまだわかっていません。匂いを発生させている本人に、自覚症状が乏しいため、一緒に生活をしている家族や会社の同僚に知らぬ間に迷惑をかけていることがあります。しかし、周囲の人々も、発生源である人物に文句を言うことができずに、苦悩してしまうこともあり、大きな問題となっています。しかし、加齢臭を防止するための薬が市販されているほか、生活習慣を少し改めるだけでも、症状をずいぶん緩和させることができるという事実はあまり知られていません。薬によって症状を抑えるには、病院で診察を受けて医師に処方箋を書いてもらうか、薬局で薬剤師に直接相談するという方法のいずれかを選択する必要があります。薬は、約2週間ほど継続して服用を続けると徐々に効果を発揮してきます。

Valuable information

入れ歯に関して三鷹の歯科で相談する。

入れ歯 三鷹

熊本の中古車取扱店。買取情報も掲載されています。

熊本 中古車

最終更新日:2018/11/29

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>